ねこプラモ

ねこプラモ

ねこを愛でながらプラモデルを作っていこうかと。 あと、その他雑感など。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

HGBF Ez-SR 3号機「シャドウファントム」 ~2015年1月号掲載作例~

本日発売のホビージャパン2015年1月号に、私の作例が掲載されております。

今回のお題はHGBF Ez-SR 3号機「シャドウファントム」。

時間があったので前後の写真撮りましたw
正面
IMG_9679.jpg
背面
IMG_9680.jpg

今回も前回と同様コンパチ仕様なんですが、オーダーは3号機のみだったので、3号機に絞って制作しました。
キットとしては、Ez-8のバリエーションなので基本的なつくりはEz-8に準じます。
ただ、ソールが変わったためバランスのとり方が変わっていたりと注意が必要です。

<頭部>
フェイスパーツの後ハメですが、その位置に注意が必要です。
目が隠れた機体なので、どうしても上に入り気味になります。
小顔でかっこいい!とか思ってると、への字が一個ない!とかなりますんで、気を付けましょう。
(作例もちょっとなり気味なのは内緒)

<胴体>
腰上で2㎜延長したのですが、ただ伸ばすだけではつまらなかったので、横っ腹の一部をエバグリーンのスリットプラ板にてデコレートしてます。今思えば、もうちょっと何か足してもよかったかも。
あと、胸部バルカンですが、可動はしません。
可動を仕込むのが大変だったのと、真鍮パイプの塗装ハゲが怖かったから・・・
固定は、胸部パーツに穴をあけて、そこに刺して固定してます。
Ez-8の設定に合わせて、ちょっと下気味にしました。

<腰部>
リアアーマーの可動はちょっと自信作です!が、誌面ではバッサリカット。
説明自体も調整しすぎてわかりにくくなってます。スペースの都合上仕方ないですね。
l構成はこんな感じでした。
IMG_9660.jpg
リアアーマーパーツはもともとフレームを兼ねてるんですが、それを3つに分解してます。
あとはメインとなる装甲パーツに2㎜の真鍮線を軸として使いつつ、Waveのポリキャップを使って腰部フレームに付けられるようにしてます。
こうするとプラプラしないので気持ちいいです。
ただ、サイドアーマーはちょっとやりすぎたかも。
マガジンディティールが緩かったので作り直したのですが、でかくなりすぎて腕のおさまりが悪くなってしまったような気がします。
ただ、取り外しギミックを活かしたビームサーベルマウントも作りました。がこれもバッサリカット。
装甲裏のプラ板はプロッターで切り抜きました。
文明の利器、凄い。

<腕部>
ノーマルよりもいかり肩にしてみました。
ただ、誌面にも書きましたが、レドームに干渉し肩が開けません。
カッコ悪いので要調整です。
ただ、肩に乗っかるパーツの後ろ側を削って短くするだけなんで、そんなに難しくないです。
偵察ビットは、本当は分割して一個ずつにすべきだったと思いますが・・・
固定方法が思いつかずそのままになってます(涙)
みなさんはトライしてください!(他人事)
あと、肩のセンサー部分の一部はプラ板で作り直してました。
たぶんマスキングするよりは簡単だと思います。

<脚部>
実はこのキット、スリッパの形状が変わったせいでちょっとバランスが悪くなってます。
レドームがある3号機はそれが顕著で、よく転びます。
それを改善するためつま先におもりを仕込みましたが、効果はいまいち。。。
無理にやらなくてもいいかもしれません。
そもそも3号機って基本空飛んでたんで、アクションベースで飛ばして解決でもいいかもしれません。

装甲裏は結構抜け気味なんで、ふさいであげる必要があります。
膝前と脹脛は目立つので、ふさいだほうが気持ちいいと思います。

脹脛のフィンは、キットのままでも十分だと思います。
ここに時間を使うくらいなら足首のシリンダーに使うことをお勧めしますw
どうしてもやるなら、フィンは奥部分を長めにしてあげると位置固定がしやすいです。

シリンダーギミックは頑張りました。ここも自信作!
もともとついてるディティールが貧弱なので、プラパイプを使って作りました。
この機構は他にも応用可能ですので、ぜひ挑戦してみてください。
IMG_9664.jpg
今はあまり使われないスプリングですが、上手く使うととても便利なアイテムですよ。
ま、完成するとほとんど見えないんですけどね。

<バックパック>
ビルドカスタムシリーズの宿命ですが、ポリキャップレス仕様のため遊び倒すとスカスカに。。。
で、ほとんどの可動部にポリキャップを仕込んでます。
IMG_9669.jpg
仕込めなかったのは、レドームを支えるアーム部分。ここは狭くて仕込めませんでした。
苦労したのはアーム基部。ここはポリキャップを仕込むスペースが狭く、固定もしにくいです。
それ以外はちょっとした加工で置き換えられます。

<シールド>
レンズパーツはクリアーにしようかと思ったのですが、ほかのセンサーと統一するため塗りました。


<通信遮断子機>
サザビーのファンネルはでかすぎて、そのままじゃ使えませんでした。
ヤクト・ドーガのファンネルならよかったのかもしれないのですが、あいにく手持ちがなくて使えず。
結果、Waveのプラパイプを使ってつくりました。
劇中でも、頑張ってたので、作ってよかったなlと。
IMG_9670.jpg
一応空中展示できるように磁石仕込んだり、台座作ったりしてます。が、やっぱりバッサリカット。
帰ってきたら、改めて写真撮ります~
本当は6機作るべきなんだと思いますが、1機で力尽きました。スミマセン・・・

<塗装>
塗装は、まぁ見たまんまなんで特に書くことはないです。
当初は、メカサフのヘビィとライトで塗り分けようと思ったのですが、思いのほかライトが暗かったので色味の調整をしました。スーパーライトみたいなのがあれば楽だったと思います。
が、メカサフはいいものですよ。プライマーもしっかり入っていて真鍮への食いつきも申し分ありません。



本誌記事の解説は以上になります。

今回初めてのガンプラ作例だったわけですが、非常に難しかったです。
LBXだと、エッジを立てて、面を整えて、塗り分けるというセオリーがあるのですが、ガンプラはそれがない・・・!
ユーザーも多いので正解が多いですし、キットももとから出来がいいので困りました。
そんな思いの中で作った作例でしたがいかがでしたか?

作例を見て疑問がありましたら、気兼ねなくお問い合わせください。
また、感想等いただけると嬉しいです。

それでは!
スポンサーサイト

 
 

Comments

 
Ryunzさん,おひさです.
ガンプラの作例ははじめてだったんですか?もうすでにやられているものとばかり思っていました.

リアアーマーの製作,いいですね.これって,ジム系に応用できそうですね.足首のシリンダーもいい感じ.個人的には,チラ見がステキですよ.なんかあるって感じがして(誤解を受けそうな書きかたですね>爆).チラリズムは美学です.スプリングを使われたそうですが,誌面ではその記述があるんですか?差し障り無ければ,スプリングをどう仕込まれたのか教えていただけると幸いです.

PS.夏に帰国した際,HJ誌買いましたよ.
>やすりがけさん 
ご無沙汰しております!
これまで4作すべてLBXでして、ガンプラ作例は初めての挑戦となりました。

リアアーマーは、おっしゃる通りジムのような一枚板系には非常に有効だと思います。
シリンダーは、実物を見ないと見えないかもしれません(^-^;
スプリングの使いたかですが、オスメスどちらにも2㎜径のものを使っていまして、
オスは普通に下方向に。メスは一番上ではなく、足首関節に付けてます。(つまり横方向)
Ez-8の足首関節パーツは、干渉部分を削り落とすとちょうどそこに2㎜の穴が開いているので便利です。
ここに取り付けることで、足首のひねりに柔軟に対応できるようになります。
分解写真があればわかりやすかったんですが、撮り忘れてしまって。。。

わかりにくい説明ですみません。どこかのタイミングで細かい作業内容を解説できればと思います。

今後ともよろしくお願いいたします~

あと、HJを買っていただいたとのこと。ありがとうございます!
これからも頑張っていきます!
 
誌面で見て、驚きました!
バッサリカットされた内容が多いのはちょっと寂しいですが、こうしてブログで補足してもらえるとありがたいです。
次の作例も期待してます!
ちなみに、私はHJは定期購読してますw
 
ホビージャパンのガンプラ作例の掲載おめでとうございます!
早速HJの記事を拝見させていただきました。
シリンダーギミックや装甲裏のディテールアップなど見えないところにまでこだわって作られていて凄いですね。
また、作例記事を紹介させていただくこともあると思いますが、今後ともよろしくお願いします。
 
こんちw-っす!

誌面でみましたー。りゅんずさんか、ちょいさんか、MASATOさんの作例が載ってないと滅多にホビージャパン買わないハマシですw(←ヲイ

初のガンプラ作例がロービジのグレー。。。めっちゃ綺麗だしwww
(背中のレドームが1/220のアッシマーに見えて・・・)

凄いカッチリしてるのが、りゅんずさんのいつもの作風って感じしますよ。
LBXの作例でもキンキンに尖ってるの見てるから
「ああやっぱり、りゅんずさんだ」って思う。
次の作例が楽しみです!
コメントありがとうございます! 
>テリーさん
どうしても伝えられないことがあるので、毎回こういうかたちで補足を書かせていただいております。
今回は、3機編隊という特性上どうしても割当ページ数が減ってしまうのは仕方ないですね。
作例が帰ってきたら、カットされた分を改めて紹介したいと思います。
これからもよろしくお願いいたします~(^^)/


>あーすのいどさん
ようやくのガンプラ作例でした~(^-^;
時間の許す限りギミック等を盛り込んでみました。
このキットを購入する人の手助けになればと思います。

今後もガンプラ作例を担当することもあるかもしれませんので、その時はよろしくお願いいたします!


>ハマシさん
購入ありがとうございます~w

塗装が綺麗に見えるのは、メカサフのおかけだと思います。
アレのおかげで、発色も平坦度も楽に出たのではないでしょうか。

LBXのクセか、つい先端とかを見ると尖らせたくなっちゃって(^-^;
エッジもそんな感じで出してました。

次回作は何になるのかわかりませんが、頑張りたいと思います~
これからもよろしくお願いいたします!
 
出遅れた、まだHJ買えてないし(汗
Ez-8=Ryunzさんなイメージがあるので、
今回の作例はツボです!
細かな改修を見てたらまたEz-8が作りたくなってきました。
 
ガンプラデビューおめです!!!
いつぞや写真見せてもらったのはこれだったのですね
渋い設定と、きっちりかっちり工作が相まってかっちょいいです
そしてまぁ、盛りだくさんな工作だことww
このサイズのシリンダーギミックはポイント高いっすね
さて次は何が出てくるのか、楽しみです
おはようございます! 
3機の中で一番大好きな機体の製作ゥお疲れ様です!!
早売りHJで即拝見しました。
お名前を見た瞬間 『おおおお!』 って言ってましたよ~
もう雲の上の存在です!

紙面でも気になっていたリアアーマーの可動部分、
こんなふうになってたんですね。
ガンプラウェポンズでは加筆されるのかしら(笑)
ゼッタイ買います!
足首シリンダーも貧弱なモールドだったので
どうするかなぁって思っていましたから
すごく参考になりました。

これだけカッコイイが改造できるようになりたいです。
技術力ないので製作の際はまた色々質問させていただくことがあるかもしれませんが
これからもヨロシクお願いいたします!
 
Ez-SR 3号機「シャドウファントム」かっこいいですね~♪
こんな機体も発売されていたのですね。

足首シリンダーのギミックはいいですね。
参考になります。
腰の可動も紙面でカットは残念ですが、
こうして見ることができるのは嬉しいです。

これからも頑張ってください (^-^)v
コメントありがとうございます! 
>へなさん
ありがとうございます~
初めての全面改修を行ったEz-8は私の中でも特別なので、今回の作例を担当できてうれしかったです。
Ez-8もいいキットでしたが、Ez-SRもいいキットですよ(^^♪
ぜひ手に取ってみてください~


>ちょいさん
ようやくガンプラを作ることができました!
ただ、LBXに慣れすぎてガンプラ難しい・・・(汗
とにかく、なんとかなりましたよぅ。
工作は、どうもみんなこんなにやってなかったみたいで、一人浮いてました。
空気読めてない感じで少々恥ずかしかったり(´・ω・`)
次が来るかわかりませんが、次が来たら全力で頑張ります~

ちなみに、いつぞやみせたヤツですが、アレ、お蔵入りになりました(涙
キット自体の販売が無くなってしまったようです(T_T)


>miffy.burian@ガンプラ製作室さん
見ていただけたようで、ありがとうございます!
雲の上の存在なんて、とんでもない。
そこらへんに転がっておりますよ。

工作も、やってみればそれほど難しいことはないものばかりです。
ぜひ挑戦してみてください。
で、わからないことがありましたら、どしどしお問い合わせください~(^^)


>ちくらさん
いま話題のガンダムビルドファイターズトライに出てくる機体で、ぶっちゃけるとやられ役です(^-^;
でも、Ez-8キットのバリエーションですので、なかなかよくできてます。
Ez-8もほとんどついてきますので、おすすめです!

足首シリンダーは今作例のみどころのひとつで、これからは使えるものには片っ端から使っていこうと思ってます!

今後ともよろしくお願いいたします~
 
初めまして。
HJでRyunzさんの作例を拝見させて頂きました。

私自身もRyunzさんの作例とにらめっこしながら
Ez-SRを作らせてもらっているので、補足が非常にありがたいです!

シリンダーギミックもそうですが
展開状態の通信遮断器のアイディアが素晴らしいです!

シリンダーギミックのやり方を真似させて頂きたいのですが
色んな書籍を漁っても詳しいHow to が見つからず、非常に気になりました。
(私の探し方が悪いのかもしれませんが・・・)

次回作に加え、カットされた分が改めて紹介されるのも楽しみにしています。

>みっちーさん 
コメントありがとうございます!
また、自分の作例を見ていただいて本当にありがとうございます!!

シリンダーギミックなんですが、分解写真を撮ってなくて・・・もうしわけございません。

言葉だけで書きますと、
・オス側
足首間接フレームのすね側を削り落として、シリンダーが入るようなスペースを確保します。
ある程度削っていくと、丁度2mmの穴が出てきますのでそこにスプリングを差し込みます。
削り方は、ボールジョイント軸方向に対し、垂直に削っていくイメージです。
スプリングとシリンダーの接続は、1mmプラ板に2mm穴を開け、そこに接着した基部を作成。
それをシリンダーに貼り付けてます。

・メス側
まず、キット足首のシリンダーディティールを削り落としさらにそこをくり貫きますが、その奥にあるダボピンは削り落とさずスプリング固定用に残しておきます。
シリンダーメス側は、2mmプラ板にプラ棒を挿してベースを作り、足首に収まるようなサイズに調整します。また、足首側に倒れるように底面の角度を調整します。
その下にオス側と同じように作ったスプリングセットを貼り付けます。
固定方法は、先ほど残したダボピンの真ん中あたりを削り込んで、スプリングが刺さるように調整します。

以上になります。
シリンダー自体の長さは、足首を前に倒して一番縮んでいる状態で干渉しない長さにします。
スプリングは、オス側は長くしておきます。
メス側は、長くすると動かした時の自由度はあがりますが、シリンダーの開始位置が高くなるので丁度いい長さが大事です。

シリンダーの径は、オスがウェーブの肉薄3.0mmプラパイプ。メスはタミヤのプラ棒2mmです。確か。。。

いったん、こんな感じでどうでしょうか?
わからないところがありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

以上よろしくお願いいたします~
 
>Ryunzさん

お忙しい中、詳しい解説本当にありがとうございます!
コメント頂いた文章を参考にしながらやってみようと思います。

自分でやってみて限界がきたら
お言葉に甘えて遠慮なく質問させて頂きますw
ありがとうございます!
>みっちーさん 
写真を撮っておけば一発だったんですけど、そこまで気が回ってなくて・・・
次からはしっかりと撮るようにします。

作る順番としては、オス側を作ってからメス側を作るとシリンダーの幅調整が楽ですね。
あとオス側を作るときは、一度セロハンテープに貼って揃えつつ瞬着などで固定してから、スプリングをつけたプラバンを貼るといいと思います。
さらにオス側にプラバンを貼る時は、メス側を完成させて、かつ仮設置後に貼ると位置ずれがなくていいですよ。

言葉だけで申し訳ないですが、よろしくお願いいたします~

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

Ryunz(りゅんず)

Author:Ryunz(りゅんず)
6匹の猫と暮らしつつ、
3匹の猫にお空から見守られつつ、
ついでに野良猫にも見守られつつ
プラモデルを作りつつ、
思ったことも書いていくようなブログです。

2013年11月号よりHJにてライターとして活動開始。
力の限りガンバリマス!!!

また、製作代行も承ります。お気軽にお問い合わせください!
問い合わせ方はどの記事でも構いませんので、非公開コメントをいただければと思います。

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Twitter
出展中!
ガンプラ・プラモ完成品投稿サイト【MG-モデラーズギャラリー】
に完成品を出展しています。
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
模型サークル
郷土の模型づくりを熱くしよう!信州模型人会

ueda_banner02.jpg
部品注文テンプレート
ブロとも申請フォーム
ブログランキング
FC2とblogramのブログランキングに参加しています! もし良かったら下のバナーをクリックしてください。 よろしくお願いします。
ショップ紹介
ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ]
QRコード
QRコード
ブログ内検索


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。