ねこプラモ

ねこプラモ

ねこを愛でながらプラモデルを作っていこうかと。 あと、その他雑感など。

 

2011年を振り返って ~一応目標達成?~

2011年もあと少しとなりました。

そこで、今年を振り返ってみたいと思います。

・完成品は今年こそ3つは作る!
→3つ作った!
 1.HGUC WDジム
 2.HGUC ワグテイル
 3.LBX デクー
目標、ギリセーフ!

また、今年は初めてコンペに出ました。
これで2個目の目標も達成!
デクーでは特別賞を頂き、とても思いで深い一年になりました。
写真撮影をがんばる。は、だめだったなぁ。反省。

振り返ってみれば、前半は比較的完成品を上げることが出来たのですが、後半は失速してしまい完成させることが出来ませんでした。
この辺は反省すべきだと思います。
来年は安定して完成させられるよう、作業フローを考えていかないとなぁと思います。


とにかく、ブログを見に来てくれる皆様のおかげで今年一年ブログを続けることが出来ました。
ありがとうございました!!!

それではよいお年を!!!

スポンサーサイト
 
 

システムベース001 レビュー ~1個あると凄く楽しい~

2011年も、あと1日となりましたね。
私は、掃除してると思います。
まだ、終ってないんです・・・(涙)

今年の汚れは今年のウチにやっつけないと!!

さて、今日はまず相互リンクのお知らせから。
saitou5043さんが運営されておりますブログ「ゆるだらちびちび」と相互リンクさせていただきました!
今後ともよろしくお願いいたします!!

さて、今日は先日発売されたシステムベース001のレビューを。
ビルダーズパーツというカテゴリの製品で、一応144分の1スケール推奨となっています。
同じシリーズであるシステムウェポンは半完成品ですが、こちらは完全なプラモデルとなっています。

IMG_3572 のコピー
組み立てるとこんな感じになります。

総パーツ数は31個なので、簡単に組み立てられます。
ただ、肉抜き穴はたっぷりあるんで、それらを全部処理しようとすると軽く地獄が見える気がする・・・

で、実際にHGクラスを載せてみました!
IMG_3581 のコピー
小さめのMSなので、結構上が余ります。
側面にはウェポンラックがありますので、武器を懸架することができます。

そして、背面パネルは傾けることができまして
IMG_3582 のコピー
角度は12段階に振ることができます。
ちなみに上の写真は全開で傾けた状態です。

システムベースは横幅を変えることができますので
IMG_3586 のコピー
大きめのMSも、まったく困らず載せることができます。

最初の書いたようにHG向けの製品なのですが、小さめのMGならばっちり載せられます。
IMG_3587 のコピー
F91やVガンダムはまったく問題無しです。
クロスボーンガンダムフルクロスもギリセーフ。
ガシガシ載せちゃいましょう。

なお、フットベースは選択式なので、ついていない状態を表現するパーツもついてきます。
足場に載らないようなMSも大丈夫です。



以上、システムベース001のレビューとなります。

思った以上にしっかりしたデキでした。
載せるだけで、かっこよくなりますんでとってもお勧め。

私は、レビュー記事を見て思わず買いに走りました。
900円と微妙な値段ですが、私はすごーく満足しましたよ~。

ぜひ手にとって見てください。



 
 

ビギニングJガンダムレビュー ~大剣を振り回せ!~

今日はがんばって、もう一個
先日発売されたビギニングJガンダムのレビューもしようと思います!

ビギニングJガンダムは、ホビージャパン主導のガンプラです。

まずは全体像を。
IMG_3471 のコピーIMG_3472 のコピー
ノーマルビギニングよりも、曲線を多用したデザインになっています。
持ち物は、本機の特徴でもある背中にマウントされた2本の大剣

顔はノーマルとは違い
IMG_3473 のコピー
こんな感じなっています。
ビギDにも書きましたが、への字が若干浅めなので、彫りなおした方がよさそうです。

可動範囲は、上半身はこんな感じです。
IMG_3479 のコピー

あまり広くはないですが、
IMG_3477 のコピー
バーニングJソードを抜くことはできます。
必要十分ってかんじですかね。

下半身は素晴らしい出来で
IMG_3480 のコピー
かなり曲がります。
おかげで
IMG_3476 のコピー
膝立ちもしっかりできます。

開脚もばっちり。
IMG_3481 のコピー
足首は接地しませんが、こんなに開くことは無いんで問題ないです。

塗りわけはかなり厳しくて、
IMG_3495.jpg
こんなにシールがありますし、これでもやっぱりカバーできてない部分があります。
素組み派は厳しいかなぁ。
塗装派もやっぱり厳しいかなぁ。
元デザインがねぇ。仕方ないですねぇ。

合わせ目はちょっと多くて

IMG_3485 のコピー


IMG_34845 のコピー
ココの合わせ目、取説では消してないですね。
簡単に消せるのに、何で消してないんだろう?

前腕
IMG_3482 のコピーIMG_3488 のコピー
コレは普通にモナカ構造なので、前後に合わせ目がでます。
特に肘側はディティールがあるんで、物凄く消しにくい・・・
結構な技術力を要求される気がします。

アンクルガード
IMG_3486 のコピー
ココは取説でも消してません。
後ハメは、ちょっと加工が必要な感じです。

あとは肉抜きが少々。
特に気になったのは、Jソードのマウント裏側。
IMG_3487 のコピー

付属品は、シールドやビームライフル。
あとビームサーベルとそれを3本持った手。
でも、シールドやライフルはあまり使わないみたいです。

あと、バーニングJソードは二つつなげてナギナタとしても使えます。
IMG_3519 のコピー
かなりの長さになります。
振り回したりはしにくいんですが、長いのでかなり見ごたえがあります。

ただ、接続方法がアレでして・・・
IMG_3520 のコピー
ダブルオーのよりはしっかり接続できますが、絶対に塗装が剥げます。

残りは少しだけアクションポーズを。
IMG_3489 のコピー
手の甲ガードが邪魔で持ちにくいです・・・

IMG_3492 のコピー
両手持ちもできます。

IMG_3493 のコピー



可動範囲は広いし、長物がかっこよく遊んでいて楽しいです。
近接戦闘に重点を置いたデザインなので好き嫌いは分かれるかと思いますが、私は好きです。
ていうか、大剣、かっこいいですねぇ。

色分けが厳しいので人を選ぶキットだと思いますが、設定色を諦めてしまえば・・・ねぇ?

とにかく、遊び甲斐のあるキットなので、是非手に取ってみてください。


 
 

ビギニングDガンダムレビュー ~直線的なデザインが特徴~

今日は、先日発売されたビギニングDガンダムのレビューをしたいと思います!

ビギニングDガンダムは、電撃ホビーマガジン主導のガンプラです。

まずは全体像を。
IMG_3497 のコピーIMG_3498 のコピー
ベースとなったビギニングと比べ、直線的なデザインとなっています。
持ち物特徴としては、ハイパーDライフルという専用武器なっています。

顔は、ノーマルビギニングとは違い、への字口です。
ただ、抜きの関係からかなり浅いので、掘りなおししないと墨が綺麗に流れ無そうです

頭が大きめなバランスで、AEG系とは違った印象になっています。
可動範囲は優秀で、
IMG_3501 のコピー
ここまで動きます。
脚は開きますが、ダブルオー系のような足首ではないので接地はできません。

腕もかなり曲がりますが、
IMG_3500 のコピー
残念ながらハイパーDサーベルは抜けません。
ちなみに手の甲のガード?みたいな赤いパーツがちょっと邪魔で、サーベルが持ちにくいですね。

色分けはかなり厳しいデキで、
IMG_3496.jpg
こんなに貼る箇所がありますし、シールでもフォローできてない箇所も多くあります。
元デザインがアレなのでしょうがないですが、素組み派には少々寂しい感じがあります。
全塗装派も塗りわけ地獄は間違いないですが・・・

合わせ目は、頭と腕とアンクルガードが目立つところです。
前腕はココに。
IMG_3506 のコピー
真正面に入るんでかなり目立ちます。

肩もモナカ。
IMG_3505 のコピー

頭はこんなところに。
IMG_3508 のコピー

アンクルガードもやっぱりモナカ。
IMG_3507 のコピー
ココにいたっては、取説の画像でも消してないです。

あと、気になった肉抜き穴は
IMG_3510 のコピー
ハイパーDサーベルのマウント部に少々。

あとはアクションポーズなどを。
IMG_3511 のコピー
IMG_3512 のコピー
IMG_3514 のコピー
IMG_3516 のコピー
IMG_3518 のコピー
IMG_3517 のコピー
付属品はビギニンク系標準のビームライフルも付いてきます。



可動範囲は広くて、遊んでいて楽しいです。
ライフル&サーベル&シールドと、あまり新鮮味はありませんが、安定した内容かと思います。

デザインの都合上、塗りわけなどが少々厳しく人を選ぶキットだと思います。。

私は、ビギニングJよりもDの方がデザインは好きなので、満足できました。
皆さんも、ぜひ手に取ってみてくださいね~。


 
 

最近のベストショット ~無駄無駄クオリティ~

今日は最初に相互リンクのお知らせを。
ちょいさんが運営されておりますだらがん|だらだらなガンプラのブログ
と相互リンクさせていただきました。

ちょいさんは、説明するまでもありませんが、先のオラザクでガンプラLOVE部門において、超ザクで出撃し銅賞を受賞された方です。
もう、凄すぎてコメントのしようがありません。
最新作のガフランも凄すぎです・・・

いろいろと勉強させていただきたいので、今後ともよろしくお願いいたします。


さて、話は変わりまして、皆さんジャイアン猛言トランプって知ってます?

数多くあるジャイアンの台詞が書かれたトランプなんですが、やっぱジャイアンってスゲェと実感します。
ちょっと買おうかと思いました。


最後に、最近撮った渾身の1枚
IMG_3017.jpg
うーろんちゃー。

時々しか出ない会心の一撃が、よりにもよってこんなもので・・・

 
 

サンタクロースはいるの?と聞かれたら ~屁理屈で丸め込もう~

今日は、来週末に迫ったクリスマスに必要不可欠な「サンタクロース(以下サンタ)」について考えてみたいと思います。

まず、サンタはどんな存在なのかを下のリンクを参照してください。

サンタクロースとは?

・・・間違えた。こっちが正解。

サンタクロースとは?

ここに書いてあるように、グリーンランド国際サンタクロース協会というものがあり、そこにはサンタとして約120名登録されているそうです。
現在、日本でも2名がサンタとして登録されているそうで、日本各地で活動しているようです。
ちなみにその2名とは、パラダイス山元氏と上地雄輔氏。・・・上地?

北米航空宇宙防衛司令部もその動きをトレースし、ソレをWeb上で公開してもいます。
NORAD Santa

つまり、「サンタはいるのか?」と子供に聞かれたら、胸を張って「いる」と答えることができます。
証拠として上記のサイトを見せてあげれば、信憑性も抜群です。
今、ここ飛んでるよ。みたいな。

ここで質問が終わればいいのですが、おそらく次はこう聞かれるでしょう。

「それならば、そのサンタはウチにくるのか?」と。

あぁ、くるよ!

と答えるのは楽なのですが、いつまでも嘘は通用しないのです。
最初は、枕元に届くプレゼントは本当にサンタが届けてくれたものだと信じますが、そのうち違うとを悟ります。

アレはサンタじゃない、オヤジだ、と。

オヤジじゃん!サンタじゃないじゃん!と追求されたとき、明確な答えを返せないとサンタなどいないと絶望してしまいます・・・

しかし、それではあまりに寂しい。
それに、毎年がんばっているお父さんお母さんの立場がありません。

そこで私は考えました。
プレゼントを枕元に置くお父さんお母さんは、実は全員サンタなんじゃないかと。

本当のサンタになるには、厳しい試験を突破しなければいけません。
そもそも受験条件に体重100キロ以上という縛りがあるという話も。

つまりサンタ協会の正会員になることは、ほぼ無理だということです。

しかし、賛助会員にならなれるのでは?

サンタの活動に共感し、その活動のサポートをする人々が賛助会員。
特殊な訓練は受けていないものの、子供の警戒網も掻い潜りプレゼントを渡すというミッションを毎年こなす。
みな優秀なメンバーです。
そんな賛助会員の力で世界のクリスマスは運営されているのです。

サンタ協会への登録はいりませんが、賛助会員は表立ってサンタを名乗ることは出来ません。
もちろん姿を見られてはいけません。
試験受かってないから。

しかし、もしも子供にプレゼントを届けているところを見られてしまったら、正直にいいましょう。

「パパはサンタなんだよ」と。
「でも上記の理由で公には名乗れないんだよ」と。

そして、「これは内緒だよ」と念押ししておいてください。
そうすれば、子供はずーとサンタを信じてくれるでしょう。

と、以上で屁理屈終了。
こんな感じ行けば、口先で丸め込めるはず。



なーんてこと考えながら昨日仕事してました。
我ながら暇だなぁ。

 
 

ドラッツェの肩関節強化 ~コレで重さに負けなくなった!?~

今年は雪が少ないですね。
さっきは吹雪いていましたが、今は晴天。
なかなか冬景色にならないです。
まぁ、路面がツルツルになると非常に大変なので、このままでもいいかなぁなんて思ったりもします。

さて、今日はちょこちょこ進めているドラッツェを。

先日紹介したカスタムタイプなんですが、ノーマルだとショルダーバインダーの重さに肩関節が完全に負けます。
軸を太らせれば何とかなるとかそういうレベルの話ではないので、諦めてイエサブの関節技を埋め込みました。

IMG_3456 のコピー

バッチリ支えられるようになりました!!
これでひとつの壁は突破できた感じです。

あとは、どうやって盾を持たすか。
追加要素を構成する部材をどうするのか。
など、いろいろ壁はありますががんばってまいります。

本当はクゥエルもアレックスもいじってあげたいんですけどね・・・
がんばらんとな~
 
 

絞り過ぎると解像度が落ちる!? ~小絞りボケに注意~

先日、家電量販店に行ってデジカメコーナーをうろうろしていたらビックリするほど安いデジイチを発見しました。
それがコレなんですが・・・

ダブルズームレンズキットで5万切るってどうなのよ。
広角レンズは3.5万の、望遠レンズは4.5万するんだけど。
もちろんそれぞれ定価なんでもっと安く買えるとは思うんですが、これだとボディの値段なんて無いようなもんですね。

レンズは、上位機種に当たるkissX5や60Dも同じのを使うんで性能は問題ありません。
もちろん私も使ってます。

安いなぁ。これだったら変なコンデジ買うよりこっちをお勧めします。
レンズは資産ですが、ボディは使い捨てですしね。

ちょっといじった感想なんですが、設定は60Dよりはいじりにくかったです。
あとピントの位置出しがしにくかったかな。
でも、Pモードで撮る分にはまったく問題なかったです。
それにX5や60Dよりも軽いんで、構えた時楽でした。
軽いということには良し悪しがあるんですが、持ち運ぼうと思えるって大事なことなんで私はメリットだと思います。
正直60Dとレンズ3本を常時持ち運ぼうとは思えません。
事実、一番重い望遠はお留守番が多いですし。

とにかく一度店頭でいじってみてください。
いろいろ楽しいと思いますよ。ちょうどクリスマスですしね~。


さて、前置きが長くなりましたが、今日の本題
「絞り過ぎるとどんな弊害が出てくるのか」
に入りたいと思います。

以前の記事で「絞ると全体にピントが合うよ」と書きました。
モデグラの写真講座でも「とにかく絞り優先で!!」と書いてあります。

それならば!と絞りがいじれるデジカメ買って、全力で絞ると・・・

なんだか全体がボヤッとしてしまいます。
これは「小絞りボケ」という現象です。
細かいことはリンク先のWikipedia教授に聞いていただくことにして・・・
実際にどういうことなのか、写真を並べたいと思います。
被写体:フォルマニア νガンダム
カメラ:PowerShot G9

F2.8
IMG_5706 のコピー

F8.0
IMG_5707 のコピー

・・・判りにくくてすみません。
かなり全力で寄った状態なんですが、F8.0の方が全体的にボヤッとしているかのが感じられるかと思います。
特に顕著なのが肩のあたり。
直線的なラインが滲んでいるのがわかるかと思います。

全体の解像度が悪化から、エッジが綺麗に表現できていません。
あとからシャープネスをかけることで解像感はある程度回復しますが、今度は画像全体が荒れてしまいます。

ちなみにこの小絞りボケは、コンデジのような小さい撮像素子を積んでいる方が顕著に出ます。
G9と60Dとでは、やはり60Dの方が小絞りボケは小さかったです。
60Dの方も写真撮ったんですが、差がわかりにくかったんでボツ。
せっかく撮ったのに~。

じゃあどのくらい絞ればいいのか?というと、結局被写体全体にピントが合ったところで十分でしょう。
背景までくっきり写す必要はないんです。
結果、60Dを使う限り大体F8~13くらいが常用する絞り値になってくると思います。

以上が今回の研究結果でした。
60Dの場合F値は22まで使えるんですが、ブツ撮りしている限りここまで使う必要はなさそうです。
こういう現象があることは知っていたんですが、実際に検証したことは無かったので今回は勉強になりました。
これからも精進していかないといけませんね。

~番外編~
MGに投稿しているMk-2なんですが、これの画像が非常に解像度の低いものになっています。
これはG7で全力で絞ったあげく、LEDライトセーバーを使うため長時間シャッターを開けたせいだと思われます。
今観れば、どうしようもないくらいの失敗写真。あっはっは。

・・・なるべく早く撮り直したいと思います。

 
 

ウレタンクリヤー購入 ~業務用にしました~

最近あんまりやる気が起きなくて、あまりプラモに触れておりません。

これはいかんなぁと思いまして、Ferrariの敵討ち用にキットを何個か購入。
IMG_5703.jpg
完成した暁には、それぞれ友人にプレゼントする予定。

で、これらとうまく作るのには絶対必要となるクリヤーも合わせて購入。

IMG_5702.jpg
ロックペイント社 マルチトップハイクリヤー
他にもいろいろ種類があったんですが、ちょっと芯締まり性が悪いので垂れが心配なものの、硬化時間がゆっくりなのでハンドピースのカップ内で固まりにくかろうと思いましてコレにしました。

これで心置きなくリベンジにいける!

ただ、その前にガンプラ系で塗装待ちのヤツがあるんで、そっち塗ってから挑戦したいと思います。
がんばるぞ~!!
 
 

スキャン画像に変な線が! ~ガラスが汚れてた・・・~

最近、なんだか肩が異様にこってて左右も下も向けない感じです。
寝違えたわけじゃなく、仕事してたら徐々に痛くなっていって、首が固まったみたいな。
もともと肩こり持ちじゃなかったんで、辛いです。
みんな凄いな。

だからといってプラモやってないわけじゃなくて、ちみちみ勧めてます。
ドラッツェの表面処理も進めてますし、それ以外もちょとちょこと。

早いところ塗りに入りたいなぁと思います。
年内には一個くらいは完成させたいんで。

今年の目標の3体完成は達成してますが、もっと完成品が欲しいんでがんばりたいと思います。


さて、結構前の話なんですが、持っている複合プリンターでクリアファイルをスキャンしたところ変な線が入ってました。
img019.jpg
最初は原本が汚れてると思い調べてみたんですけど、なんともない。
じゃあ、上の押さえが汚れているのだな!と思い調べてみたんですけど、これまたなんともない。

まさかと思ってスキャナユニットのガラスを見たら・・・
IMG_5634.jpg
内側がガッツリ汚れてました。

・・・これ、どうやって綺麗にすんの?ってなりまして、急いで取説見たんですが解決方法は載ってませんでした。
グーグル先生に聞いても、聞き方がよくなかったらしくわからず。

メーカーに修理に出すしかないのか。
と半ば諦めたんですが、値段を見たら1万以上する感じです。

1万て。
ただ、ガラス拭くだけですよ?
それだけで、それはちょっとあんまりだ。お代官様。

それだけ出すなら、新品を買った方が安上がりな気もしますし。

ここで諦めないのが、分解魔。
仮に壊れても新しいの買えばいいじゃんと思うと気持ちが楽。

いっちょやったるっ。と、上蓋を止めてるネジを片っ端から外していったら・・・簡単に外れました~。
で、普通に拭いて元に戻しておしまい。

こんなところで困るやつはそうそういないと思いますが、困ったら分解してみるのも楽しいですよ~。
 
<- 12 2011 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
プロフィール

Ryunz(りゅんず)

Author:Ryunz(りゅんず)
6匹の猫と暮らしつつ、
3匹の猫にお空から見守られつつ、
ついでに野良猫にも見守られつつ
プラモデルを作りつつ、
思ったことも書いていくようなブログです。

2013年11月号よりHJにてライターとして活動開始。
力の限りガンバリマス!!!

また、製作代行も承ります。お気軽にお問い合わせください!
問い合わせ方はどの記事でも構いませんので、非公開コメントをいただければと思います。

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Twitter
出展中!
ガンプラ・プラモ完成品投稿サイト【MG-モデラーズギャラリー】
に完成品を出展しています。
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
模型サークル
郷土の模型づくりを熱くしよう!信州模型人会

ueda_banner02.jpg
部品注文テンプレート
ブロとも申請フォーム
ブログランキング
FC2とblogramのブログランキングに参加しています! もし良かったら下のバナーをクリックしてください。 よろしくお願いします。
ショップ紹介
ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ]
QRコード
QRコード
ブログ内検索


Archive RSS Login