ねこプラモ

ねこプラモ

ねこを愛でながらプラモデルを作っていこうかと。 あと、その他雑感など。

 

つま先の先鋭化 【イナクトカスタム Vol.3】

今日は休日出勤でした。
せっかくの休みがっ!プラモに触る時間がっ!

明日はがんばってHi-ν進めます。

さて、今日はHi-νと平行して進めているイナクトを少々。

このキットはHGなので、安全上の問題から所々角が落としてあります。

しかーし、やっぱり尖ってた方がかっこいいので先を延長して尖らせて見ました。
IMG_4341.jpg


いつもはタミヤプラ板を足すんですが、今回はランナータグを使ってみました。

溶着させているので、つなぎ目がほとんどわかりません。まるで元から尖っていたかのようです。
こんな感じで延長できるなら、無塗装派の人も大満足!ぜひ挑戦してみてください。

よーく溶着させないと、白くつなぎ目が出てしまうこともあるので注意してください。

なお、今回ランナータグだけではなく、ランナーを使って延長に挑戦してみました。

が、うまくいかず。
ランナーって以外と鬆(ス)が入っていて、接着後削って行ったら穴があったりしました。
また、穴が無くてもランナーが硬くて削る時に力がかかり、接着面からはがれてしまいました。

使うならランナータグまでにしましょう。
スポンサーサイト
 
 

HMBLの途中経過その2 【Hi-νガンダム Vol.19】

なんとか形になってきたHi-ν用武器「HMBL」。

グリップをためしに付けてみたので、持たせてみました。
IMG_4336.jpg

ほぼイメージ通りな感じ。こんな感じで構えさようと思っています。

ちなみにマスキングテープで貼り付けているぶ厚い側面装甲は、外装デザインがまだ確定していないので、プラ板を2枚貼り合わせたまま加工しています。

まだまだ先は長いですが、がんばります。
 
 

うっかりしてた・・・ ~攻殻機動隊2.0観損ねた~

アイズガンダムの素組みレビューが早耳ガンプラ情報局さんで紹介していただきました!
本当にありがとうございました。
これからも気になる新作があった場合には、素組みレビューをしていきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

さて、今日21時からアニマックスで攻殻機動隊2.0が放映されたんですが、気がついたら22:30でした・・・
急いでチャンネルを回したら、無情にもスタッフロール中。
次は見逃さないぞ!

そんな日曜日でしたが、ちょっとした発見も。

スーパーに買出しに行ったら、ペプシの新作がありまして。

その名も「ペプシバオバブ」

・・・今度は木かよ。
ついに食べられないものにまで手を出し始めました。

ちなみにコンセプトは

アフリカの大地にそびえるバオバブの木をモチーフにした開放感あふれる爽やかなコーラ


だそうです。

そのお味は・・・まぁ普通の炭酸飲料ですな。もちろんペプシコーラとはぜんぜん違う味です。でも前回の小豆よりはマシだと思います。アレはダメな人は絶対ダメな味でしたから。

店頭で見かけたら挑戦してみては?責任はもてませんけどね。

Hi-νは、HMBLの制作がんばってます。
バレル前半部も大分出来てきまして、なんとか形になってきました。
早いところ形を固めて、ディティールアップに入りたいです。

明日からは日勤なので少しは時間が取れるかな?
早く完成できるようがんばっていきます!

 
 

アイズガンダム 素組みレビュー 【1.5ガンダム Vol.1】

昨日出荷されたアイズガンダムを購入・素組みしましたので紹介したいと思います。
IMG_4335.jpg

長くなっちゃいましたので、続きを読むをクリックしてください。


 
 

HMBLのグリップを可動化 【Hi-νガンダム Vol.18】

現在作りたいと思って机の積んであるプラモは4つ。
リゼル(隊長機)・スタークジェガン・キュリオス・ヴァーチェ。

作ってる暇無し。

さらに今週末に出るアレも欲しいんで、もう1個増えちゃう。かも。
とりあえず素組みするだけでも、満足できるんですけどねぇ。

さて今日はHMBLのグリップについて。
こういう長物の場合、MSに持たせたとき本体に干渉してうまく構えることが出来ないことがあります。
その問題を解決するために、メイングリップを可動化することにしました。
IMG_4318.jpg

今回の武器は肩に担ぐのではなく、腰ダメで構えさせようと思っているので右側に開くようになっています。
こうすることで少しは持ちやすくなるはず。

サブグリップは、元のハイパー・メガ・ランチャーのものを加工してつける予定です。一応グリップ自体は出来ているんですが、本体につけるためのベースがまだできてません。

バレル先端のデザインを考えてからにしようかと思っているのですが・・・

無い頭をフル回転させて完成までがんばります。
 
 

腰部のエッジ出し 【イナクトカスタム Vol.2】

今日は、家族でお祭りに行ってきました。結構にぎわっていて楽しかったです。息子も楽しかったようで、終始ご機嫌。よかったよかった。

その帰りにカインズホームに寄って、魚肉さんに教えていただいた塗料「エアブラシ染めQ」を買って帰ろうと思ったら・・・置いてねぇし。
缶のヤツは大量においてあるのにエアブラシ用は無し。あきらめて通販で買うか、取り寄せるか考えます。

そして帰宅後、染めQについて勉強しようとメーカーHPを見ていたら染めQの凄さを思い知らされました。
神にまで塗装可能なエアブラシ染めQ

神に塗装ができるんだってさ

早く買わねば!


・・・他人の揚げ足取りはこのくらいにしておいて、今日はイナクトカスタムの進捗状況を。

Hi-ν用の武器に使用するためエポパテを混ぜたら、結構な量があまってしまったので急遽手元にあったイナクトに盛りました。

とりあえず肉抜き穴を優先して埋めて行ったのですが、一部気になったところに盛って形状を変更。
それがフロントアーマー下の股間カバーです。
IMG_4315.jpg
設定画に合わせて、山を作ってみました。
すげー自己満な工作ですので、特にやらなくてもいいかも。地味にアクションベース接続時に干渉しますし。
でもなんとなーく尖っていた方がかっこいい気がします。個人的には満足です。

まだ一部肉抜き穴がありますし、所々角が丸い部分もあります。そこら辺を何とかしたら、後はスパッと塗装に入れるか!?

こっちもがんばりまーす。
 
 

HMBLの途中経過 【Hi-νガンダム Vol.17】

今日は、今作Hi-νの目玉「ハイ・メガ・バズーカ・ランチャー」(以後HMBL)の途中経過を。
IMG_4312.jpg
やっとここまで来た・・・
ちょっと前に骨組みは済んでいたのですが、ぽっかり開いた隙間をどうしようか悩んでまして。

正直なところパテ類は重くなるので使いたくなかったのですが、プラを切り出して箱組みするのはめんどくさい&難しかったので、あきらめてエポパテで埋めました

ウェーブの軽量タイプを使ったので、それほど重くなっていないはず。持たせてみないとなんともいえないのですが、グリップ類はすべて取り払っているので試すことも出来ないのが残念。

今後は砲身側のフレームを作って、各所にディティールアップを施したいと思います。
がんばるぞ。

ついでにあまったパテでイナクト君の肉抜き穴を埋めておきました。ほぼ埋め終わったので、次回作はこいつになりそう・・・。
次はシナンジュセラヴィーにしようかと思ってたんですけどねぇ。

ちなみに今回タミヤの光硬化パテを使ってみたのですが、コレ便利ですね。あっという間に固まるし、削った感じもいいです。

難点をいうと、卓上蛍光灯では硬化が甘い気がします。一応説明書には2分と書いてあるのですが、時間が経ってもなんだか柔らかい気が・・・。
今回は手持ちのLEDライトで代用しましたが、機会があれば紫外線LEDライトも使ってみたいです。

ちょっと高いけど、なかなか便利。ひとつ勉強になりました。
 
 

リアアーマーの蓋 制作 【Hi-νガンダム Vol.16】

早耳ガンプラ情報局さんを見ていたら「Vダッシュガンダム」発売の報が。

思いのほか出るのが早くてびっくり。てか、こんなに早く出るならこっちを待てばよかったなぁ、なーんて。まぁ、Vガン買っちゃった人はブースター買ってね。っていう救済措置があるっぽいのでそっちを狙ってみます。
最近の磐梯山はやさしいね。

さて、Hi-νの武器はさっぱり進んでいない中、現実逃避としてリアアーマーの蓋を作ってみました。

腰についているアーマーの裏は、MGだとおおよそ別パーツで蓋がついてくるのですが、HGだとサイズやコストの問題から蓋がついてきません。
IMG_4305.jpg
アーマー裏がこんなにスカスカなわけが無い。

今回Hi-νはリアアーマーの可動化工作をした時に接続位置を下げたため、ノーマルよりも裏側が見えやすくなっています。

このままでは残念なことになりそうなので、蓋を作ってみました。
なお、フロントアーマー裏については、「ほとんど見えねぇ」ってことで省略します。

まずは0.5mmのプラ板をアーマーの内側に入るような形に切り出します。
このとき、2枚重ねて瞬着を使って仮止めし形を出していくと、左右両方の分を一気に作れるので楽です。切り出すときは一発で出そうとするのではなく、おおよその形で切り出してその後調整しましょう。

ちなみにHi-νの場合、切り出したプラ板をそのまま貼るとアーマーと平衡になりません。
アーマーの途中にある筋交い部分に、0.7mm程度かさ上げすると平衡にできます。
IMG_4306.jpg

これでアーマーとツライチな蓋は完成。今度はその上にディティールを作りたいと思います。

まず、先に作った蓋と同じサイズで透明プラ板を切り出します。
今回は0.2mmを使いました。この厚さだとはさみで簡単に加工が出来るので楽が出来ます。

次に紙の上に作りたいディティールを書きます。先ほど作った蓋を使ってアウトラインを書くとディティールも考えやすいです。
IMG_4310.jpg

今度は考えたディティール案の上に透明プラ板を載せ、デザインの中に出来ている鋭角や鈍角の位置にケガキ針などで印を付けます。
IMG_4307.jpg
見えにくいですが、白い点がその印です。

付けた印に沿ってデザインナイフなど線を引き、そのまま切り出せばディティールの完成です。
IMG_4308.jpg

出来上がった蓋とディティールをあわせるとこんな感じ
IMG_4309.jpg


この方法の利点としては
 ・左右対称にしやすい。
 ・透明プラ板を使っているので、デザインを写しやすい。
 ・薄いプラ板なので加工が楽。

欠点としては、
 ・柱が細いと加工時に破損しやすい。→即作り直し
 ・厚みが無いのでディティールの存在感がない。
などがあげられるかと思います。

存在感が無いってのは、今回はディティール部分と蓋の色を塗り分けることで対処しようかと思っています。
で、塗装後接着してアーマー裏のディティールアップ完了。

以上でアーマー裏の蓋制作は完了となります。
これ以外にもディティールの作り方はありますので、TPOに合わせてやり方を使い分けてください。

 
 

スタビレーターのディティールアップ 【Hi-νガンダム Vol.15】

最近、写真撮影からその後の処理を見直しています。
撮影方法では、望遠側を使って撮るとか。加工では、ガンマ値を調整するとか。
勉強して、もっとうまく写真を撮れるようになりたいな。
でも、大分カメラの限界が見えてきました・・・。デジ一欲しいな。

さて、今日はHi-νのスタビレーターをディティールアップしてみました。

HGUCのZガンダムのスタビレーターを移植したのですが、MGだとスラスターディティールがある部分がただの空洞で非常に寂しい状態です。そのままではあんまりなのでコトブキヤのメッシュプレートを埋めてみました。
IMG_4299.jpg

メッシュプレートを形に合わせて切り出しつつ、本体側にはプレートの位置を出すために、プラ板でガイドを作ってあります。

これで少しはスラスターっぽくなったはず。

あとは、リアアーマーの蓋でも作ろうかな・・・。
 
 

アクションが栄える! 【ガラッゾ Voi.1】

今日でGWは終了ですね。あっという間に終わってしまいました・・・
休み中にHi-νをなんとかしておきたかったんですが、忙しくてできませんでした。
うかうかしていると梅雨に入ってしまうので、それまでにはなんとかしたいですね。

さて、今日は先日お話した投売りプラモを素組みしてみました。

今回はヒリング・ケア専用ガラッゾで。
【HGOO】ヒリング・ケア専用ガラッゾ 素組み
これまた今更なので(以下略・・・

肩が大きいので可動域が狭いかと思ったのですが、なかなか動きますね。それに長い足や長いビームクローのおかげで、ハッタリのきいたポーズが取れます。サキガケと比べポーズのとりやすさやが段違いですね。
とてもかっこいいです。

残念なところは、ビームクローが収束状態しかないんですよね。熊手は是非付けて欲しかったなぁ。

あとは、エスケープユニットと本体との接続パーツにやる気が無い。
IMG_4297.jpg
ただの板って・・・もうちとなんとかならなかったものか。

作る時は各部を尖らせてあげたいです。
が、角ばっかで気が遠くなる・・・。
がんばらないといけないですね。
 
 

追加要素の設計図 【Hi-νガンダム Vol.14】

今日は朝から佐久バルーンフェスティバルに行ってきました。
このイベントは、国内でも数少ない熱気球の競技会であるとともに、熱気球を身近に感じられる場でもあります。
で、いざ熱気球を近くで見てみると、かなりでかい。
なかなか壮観です。

なお、熱気球に試乗できるんですが、これが大人気。乗るために長蛇の列が出来てました。
ウチはまだ息子が小さいのでまた今度ということで。

ちなみに一番目立っていた気球がコレ
その名も「バルえもん」
ぼくバルえもん
彼は、空を自由に飛んで・・・はおらず、ちょっと浮かんでは着陸してました。


さて、今日はHi-νへの追加要素について。

これまで小出しにしていたのですが、ぶっちゃけると「ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー」です。
コレ小説版では出てくるんですが、なぜかMGにもHGUCにも付属しない幻の武器なんです。ちょっと名前は盛り過ぎててアレな感じですけど、それはそれは重要な武器なんです。

そんな武器を、HJの簡単フィニッシュ作例ではZのハイパー・メガ・ランチャーで代用して表現してました。私も最初そうしようと思ったのですが、せっかくなのでハイパー・メガ・ランチャーをベースにオリジナルで行こうかなと。

しかしこれがなかなかモノにならず。日々悩んでいる次第です。
頭の中で書いてても埒が明かないので、設計図を描いてみました。
hi_v_tuika.gif
・・・センスねぇなぁ。自分。
とにかくコレが今のところ限界。このどっちかで行こうかと思っていますが、未だ迷い中。

ってか、そもそもコレを形に出来るのか?
そっちが問題だ・・・


 
<- 05 2010 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

Ryunz(りゅんず)

Author:Ryunz(りゅんず)
6匹の猫と暮らしつつ、
3匹の猫にお空から見守られつつ、
ついでに野良猫にも見守られつつ
プラモデルを作りつつ、
思ったことも書いていくようなブログです。

2013年11月号よりHJにてライターとして活動開始。
力の限りガンバリマス!!!

また、製作代行も承ります。お気軽にお問い合わせください!
問い合わせ方はどの記事でも構いませんので、非公開コメントをいただければと思います。

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Twitter
出展中!
ガンプラ・プラモ完成品投稿サイト【MG-モデラーズギャラリー】
に完成品を出展しています。
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
模型サークル
郷土の模型づくりを熱くしよう!信州模型人会

ueda_banner02.jpg
部品注文テンプレート
ブロとも申請フォーム
ブログランキング
FC2とblogramのブログランキングに参加しています! もし良かったら下のバナーをクリックしてください。 よろしくお願いします。
ショップ紹介
ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ]
QRコード
QRコード
ブログ内検索


Archive RSS Login