ねこプラモ

ねこプラモ

ねこを愛でながらプラモデルを作っていこうかと。 あと、その他雑感など。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

ゼノンM2の作り方 ~解説文を書いてみました~

ようやく写真撮影が終わりまして、ゼノンの解説文が書ける環境になりました。
zenon top
というわけで、簡単ですがどういうところに気を使って作ったのかを書きたいと思います。

<設定>
プロトゼノンからゼノンに進化したもののそれ以上の強化は行われず、ジンの使用機体はトリトーンへと移行していったわけですが、ゼノンだって後継機が構想されていてもおかしくないと思ったわけです。
でのすで、さらに強化発展型として考えてみました。
で、考え方のベースとなったのはエンペラーM2(外装はほとんど変わってないけど武装が変わった)で、それに準じた形にしてます。
ただ、それだけだとあんまりにもあんまりなので、ちょこっとですが付け足したりしています。

正面
IMG_0772RR.jpg
背面
IMG_0773R.jpg

頭部
アキレスベースです。そこにゼノンの額とポニーテールをくっつけて、さらにHFエンペラーの額パーツを頭頂部に載せてあります。
塗り分けは本体に準ずる感じでやってます。
ポニーテールなんですが、磁石固定を採用してます。
IMG_0779R.jpg
磁石は頭の中に。ポニーテールは先っちょにメタルボールをつけてます。
これにより、ポーズを邪魔することなくくっついていてくれるので、おすすめです。

胴体
オーディーンです。ゼノンのボディも形状は悪くないのですが、いかんせん可動範囲が・・・
それを解消するためにこのチョイスとなっております。
それに、胸のピンクのところも2個より1個にしたかったのもあります。
なんでかは、そのときのノリでした。

腕部
ここは必要なところを尖らせたくらいでそれほど大きな変更は行っておりません。
腕についてるガントレットは、ニコニコ動画のほうでも指摘されておりましたらエンペラーのソールとサイドアーマーを組み合わせたものになっております。
接続は、もともとゼノンの下腕についている突起を削り落とし、プラ板でガイドを作ってそこに挿して固定してます。

腰部
パッと見ノーマルのままですが意外といじってまして、股関節をホビーベースの関節技に置き換えております。
ついでに前後スイングを仕込みつつ、前方に1~2㎜ほど前に移動。
腰の入った立ち姿がとれるようにしています。

脚部
前出した股関節の変更で、がに股にしても違和感がなくなってます。これは結構大きいかなぁと。
前太ももが大きくえぐれたデザインなのですが、関節部が丸出しであまりよろしくないなぁと思ったので埋めてます。
また、ひざ裏も必要以上にえぐれてたのでこっちもほどほどにしてみました。
さらに脛側のひざ裏も干渉するところを削って可動範囲を確保してます。

スリッパは、中心部のポリキャップの入るパーツの前後を切り離し別パーツ化。
ポリキャップを使って稼働するようにしてますので、足の設置性がよくなります。
こうすることで、股関節から膝、脛、足首と線がそろうので、すっきり見えるようになります。

ちなみに、私が可動範囲を考える基準として
IMG_0776R.jpg
「ハイキックができること」があります。
腰のひねりや開脚などが必要となりますので、これを目指してます。
ただ、あんまり可動範囲を増やしすぎると逆にポーズがきまらなくなりますので、注意してます。

武装
IMG_0781R.jpg
でっかい剣は「ゼノン カラドボルグ」という名前で、もとはケルト神話に出てくる剣です。三つの丘の頂を切り落とせるという強い剣ですので、でっかいと思いこの名前にしました。

作り方は、2㎜プラ板を重ねて固定したものから外形を削り出したら分離。
それに左右に0.5㎜のプラ板を貼ってから刃を削り出してます。
途中で固定用の磁石を埋め込むため、こんな工程になってます。

つばの部分は先ほど出来上がったものに、さらにプラ板を貼り付けてつくってます。
柄の部分はもともとの2㎜厚です。

バックパックはキットのものをベースに剣のマウントを付けられるようにしました。
ただマウントを付けても面白くないので、スラスターも追加し高機動化アピール。
IMG_0778R.jpg
マントがなくてもそこそこ見られるかなぁと思っております。
でも、結局マントはつけるので、それ用に内部にポリキャップを仕込んでいます。

マントは、0.3㎜プラ板に模様を塗装しています。
IMG_0782R.jpg
これはカッティングプロッタがあれば簡単にできるんですよ・・・大人ってずるいですな。
マントの接続もホビーベースの関節技を使っています。
これにより立てることも可能になり、表現力が上がったかなぁと思っております。



以上、ゼノンM2の製作解説でした~

正直、ゼノンはノーマルでも十分かっこいいので、どういじろうかと結構考えました。
その結果が今回のM2でして、こういうのもアリだと思ってもらえればうれしいです。

ただ、動画をみると、みんな凄いぶっ飛んでるのね・・・
安定の地味さで埋没気味なのが悔やまれます。

もっと派手にすればよかったか。。。
スポンサーサイト
 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

Ryunz(りゅんず)

Author:Ryunz(りゅんず)
6匹の猫と暮らしつつ、
3匹の猫にお空から見守られつつ、
ついでに野良猫にも見守られつつ
プラモデルを作りつつ、
思ったことも書いていくようなブログです。

2013年11月号よりHJにてライターとして活動開始。
力の限りガンバリマス!!!

また、製作代行も承ります。お気軽にお問い合わせください!
問い合わせ方はどの記事でも構いませんので、非公開コメントをいただければと思います。

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Twitter
出展中!
ガンプラ・プラモ完成品投稿サイト【MG-モデラーズギャラリー】
に完成品を出展しています。
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
模型サークル
郷土の模型づくりを熱くしよう!信州模型人会

ueda_banner02.jpg
部品注文テンプレート
ブロとも申請フォーム
ブログランキング
FC2とblogramのブログランキングに参加しています! もし良かったら下のバナーをクリックしてください。 よろしくお願いします。
ショップ紹介
ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ]
QRコード
QRコード
ブログ内検索


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。